私がおすすめする二次会景品たち

常識的な範囲で予算を設ける大切さを再認識

現代ではストアカードの方が喜ばれる!!用意してセンスが良いと褒められた景品常識的な範囲で予算を設ける大切さを再認識

まだ幹事の経験が浅かった頃、持って帰る人の労力を計算せず用意してしまったことがありました。
二次会後の文句を言いながら帰る何人かの人を見て、思わず泣きそうになったのは懐かしい話です。
また会社の経費で落ちることから、高額なものもいくつか買ってしまったことがありました。
その方が、盛り上がると思ったのです。
ですが後々になって上司から叱られてしまい、常識的な範囲で予算を設ける大切さを再認識しました。
その点では先述した3つは条件を満たすので、絶対に間違いにはなりません。
二次会景品の選び方が上手になってからは、自然とその参加者も増加傾向になりました。
これは幹事として本当に嬉しいことで、こうなってから初めてやり甲斐を持てたのを覚えています。
幹事は嫌な役回りと考えている人も多いでしょうし、現実問題そうなのかもしれません。
ただもし任されてしまった際にはやるしかないわけですから、是非私のおすすめたちを参考にしてみてください。
私もこれからも、更に良い景品を考案していきたいです。
飲み会は本来楽しいものですし、責任の擦り付け合いのような形で幹事を決めるのは望ましくありません。
皆さんが幹事を楽しく考えられるよう、その手伝いが出来ていれば嬉しいです。